辺境人けんの生活研究所

辺境人けんの生活研究所、革新はいつも辺境からやってくる!時々サバイバル。

私が見た古墳時代

f:id:sigotoninja:20170622225807j:plain

f:id:sigotoninja:20170622225849j:plain

f:id:sigotoninja:20170622225812j:plain

f:id:sigotoninja:20170622225815j:plain

f:id:sigotoninja:20170622225818j:plain

f:id:sigotoninja:20170622225821j:plain

f:id:sigotoninja:20170622225829j:plain

f:id:sigotoninja:20170622225832j:plain

f:id:sigotoninja:20170622225849j:plain

 

要するに古墳時代とは一種の自由貿易グローバル化社会であった。日本の奥地までインドペルシャやローマのガラスが流通するほど。しかし、拡大する農地の余剰が無くなれば人々に忘れ去られてしまう。現代社会もいずれはこのように忘れ去られるだろう。